ビールって自作できるって知ってました?材料、道具編

ビールって家で自作るんですよ!しかも意外と簡単。

この記事では必要な材料、道具を紹介しますね。
(後半で必要な材料、道具がまとまったセットを紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。)

1=材料

必要な材料は
〇モルト缶(+イースト菌)
〇砂糖
〇水

だけです。
モルト缶というのは、ビールキット缶とも呼ばれ様々なテイストがあり一緒にい発酵に必要なイースト菌も付いてきます。
基本はこのモルト缶と砂糖、水を合わせて発酵させるだけ。

楽天市場】ビール原料 > モルト缶(モルトエクストラクト):ブリュー ...

2=一次発酵容器

1の材料を混ぜ合わせたら、
それを発酵させるための容器が必要になります。

〇モルト缶1缶でおおよそ18~22L近いビールができますので、それぐらいの容量の発酵用容器が必要になります。(10L程度の容器もありますが、モルト缶を半分だけ使用して残りを冷凍する必要がでてきてしまいますので、まとめて作れる22Lぐらい容量がおすすめ。)
〇発酵完了後、瓶に移すので下部にコックが付いているタイプがおすすめ。

〇発酵中はガスが発生するのでそれを排出できる必要があります。
蓋を少し開けておくのでも大丈夫ですが、雑菌の侵入を防ぐため、
中からの空気を出し、外からは入れないようにするエアロック付きがおすすめ。

Amazon | 2ピース シンプル エアロック 自家醸造 エアロック キャップ ...

〇ビール作りにおいて雑菌は大敵ですので、除菌用アルコールですべての道具を殺菌する必要があります。
〇発酵には温度管理も大切なので、容器に貼れるシールタイプの温度計が便利です。

商品掲載 液晶シール温度計 | せんごくネット通販ブログ

〇一次発酵の終了を確認するのに、比重計があると便利。 比重計がなくても、慣れてくると、味やグラスにいれたときの泡立ち具合で判断できるようになるのですが、初めての方にはあった方がいいと思います。

3=二次発酵兼保存容器

一次発酵完了後、一次発酵容器から移して二次発酵させ、そのまま保存させるための容器が必要なります。20Lのビールが出来上がるとすると、500mlの容器で40本必要になります。
〇定番はガラス瓶です。見た目的にもおしゃれで長期保存にも有効ですが、王冠とそれを留めるための打栓機が必要になります。

楽天市場】ビール ガラス瓶の通販

〇次の候補としてビール用のペットボトルです。見た目も程よく自作感がありながらもおしゃれに見え、瓶よりお手軽で紫外線もカット。手でキャップしめるだけなので簡単で瓶同様、洗えば繰り返し使えます。

〇最後は炭酸飲料の空きペットボトルの再利用です。一番安上がりです。強度の問題もあり普通の飲み物の空きペットボトルはNGです。もし、普段から炭酸をペットボトルを飲んでいるようであればそれを取っておくのもありです。

意外と知らない? 炭酸の「ウィルキンソン」は正真正銘の国産ブランド ...

全部入りのキット

こまごましたのを含めると結構面倒だなと思いました?
そんな方には全部入ったキットがおすすめ。


上で紹介した、

・モルト缶(イースト菌)
・エアロック、コック付き22L保存容器
・シールタイプ温度計
・比重計
・王冠付き、ガラス瓶500ml×48本
・打栓機

がセットになっており16,500円で変えます。
500ml が40本できるとして1本あたり400円です。
初回はすごい安いわけでありませんが、
2回目以降であれば、500mlあたり100円ぐらいでできるので、
発泡酒より断然安いし、なによりうまいです。


キット関して、
自分でそれでぞれ手配したほうが安くなるかも?
と思って調べたのですが、そもそもエアロック付き容器や、お手軽な打栓機などはほとんど売ってませんし、送料等を考えるとキットの方が安そうです。

キット以外に必要なものは
・水約20L
・砂糖約1000g
・殺菌用アルコール
・鍋
ぐらいです。

キットに加えて
別途、ビール用ペットボトルの購入もおすすめ。

キットにガラス瓶付いてるんだから要らないくない?
とも思うかもしれません。
しかし、瓶に移した後の二次発酵にも最低1~2週間かかり、さらにある程度飲み終えるまで、次が仕込めないというの、あまりいいローテーションではないのでぺットボトルも追加購入がおすすめ。

また、ガラス瓶の場合、栓をするのも抜くのも ちょっと手間がかる。
反面、長期保存には向いています。

自作ビールは瓶に移してからも2か月近く発酵は続き味が変化する。さらにそのまま1年近く保存できます。

それもあって、
・長期保存用にガラス瓶。
・中期保存用(&来客用)にビール用ペットボトル。
・短期保存用(&自分用)に炭酸の空きペットボトル。
とそれぞれのメリットデメリットをいかして保存するのがおすすめ。

次の記事では実際の作り方を紹介していきますね!