オーストラリアのバイロンベイに短期サーフィン+語学留学した時の話_3<学校選び>

場所を探している時に、
同時に一ヶ月という短期間でも
受つけてくれる語学学校も探していた。

すごい探したというわけではなく、
下記に条件を伝えて、いくつか学校を紹介してもらった。

www.wavenetwork.com.au

僕は、ここの回し者でもなんでもなく、
カリフォルニアで探した際も、
いくつか他の留学エージェントにも問い合わせてしていた。

自分で学校、宿泊施設等の手配もしようと検討もしたのだが、
ビザや諸々わからないことが多く、
基礎情報の収集という意味でも、

エージェントに問い合わせをしていた。

その質問内容と、回答を記載しよう。

======================
質問内容=
【現在の英語力レベル】 初級

【留学予定時期】3月上旬頃から4週間位
【留学先教育機関】語学学校
【留学予定地】バイロンベイ
【ビザの種類】その他

【質問内容】
はじめまして。

現在、バイロンベイで英語、サーフィンの一ヶ月の留学を検討しています。

泊まる場所はなんとなく学生寮がいいかなと思っています。

その場合のプラン、学費、宿泊費、
その他、必要な費用を教えていただくことはできますでしょうか?

予定期間のタイミングでは、
30歳になります。

上記のような内容の場合はどのようなビザが必要になるのでしょうか?

これから準備をはじめて行きたいと思っているのですが、全部でいくらぐらい必要で、どのような申請等が必要なのか知りたくご連絡いたしました。

ご返事お待ちしております。
======================

かなりばっくりwww。

それくらい、なにも知らなかった。。。
でも、ちゃんとした返答がいただけた。

======================

このたびは当社ウェブサイトよりお問合せ、誠にありがとうございます。
 
弊社はオーストラリア6都市にオフィスを構える無料の現地エージェント
なります日本にある留学代理店ではわからない現地の情報、校の
最新情報などから、客様に一番合った学校を無料でご紹介・手続きを
させていただきます。
 
 手数料0円の仕組み
 
また私も含め、当社のカウンセラーはオーストラリア政府公認の留
カウンセラー資格を保持してり、オーストラリア大使館でも紹介

受けてますのでどうぞ安心して、ご留学のご相談を任せ下さいませ。

 
(僕)バイロンベイにて英語+サーフィンのご留学をご検討してらっしゃ
るとのことですね。
 
まず先に、ザのご質問にお答えさせて頂き、その後バイロンベイの学校の
ご紹介・お見積もりをさせて頂きます。
 
ビザの種類としましては、(僕)様のプランの場合で1ヶ月のご滞在でしたら
観光ビザでご入国いただけます。
 
①観光ビザ(ETAS)ビザの申請
下記ホームページがオーストラリア政府の用意している日本語ページです。
②ビューグラントという会社で代行申請をお願いする方法
 
②のほう料費用も安くおすすめです。
 
続きましてバイロンベイで英語+サーフィンコースを実施する語学学校は2校
ありますが、学校の規模やカリキュラム、国籍割合などでおすすめできます
バイロンベイイングリッシュランゲージスクールという学校をご紹介致します。
 
学校から2015年度の料金が発表になりました時点で
料金の変更があります旨、予めご了承くださいませ。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■Byron Bay English Language Schools■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
【英語+サーフィン】
午前中パートタイムの授業を受講した後、一日2.5時間×週3回の初心者向けのサーフ
レッスンを受けます。プロのサーフスクールが送り迎えサーフボード・ボディボード
ウェットスーツ、ラッシュベルト、日焼け止めなどなど準備します。
サーフレッスンにはBBELSの生徒以外の方も参加します。
 
バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクールは、周囲の自然を利用した
アクティビティがとても豊富で多彩。学校は少人数制で、とても親しみやすい環境
が特徴です。
中級レベル以上の生徒さんで希望される方には、プラス200ドルでオーストラリア独特
ボランティア活動に参加する事が可能。(活動内容:イルカ保護・調査/観光・アボリ
ジニ文化/パーマカルチャー/動物保護・コアラ保育園のお世話など)
生徒さんと教師たちは、学校以外でも会う機会を設け、ビーチでバーベキューをし
たり、地元のバーへ出かけることも多いです。
コースの種類も豊富で、バイロンベイならではの英語+サーフィンや、+ヨガ、
+スキューバダイビングコースなどもあります。
 
BBELSは、バイロンベイの町の中心、バス停から徒歩2分の所にあります。
学校の2階には、Bunkhouse backpackers(バンクハウスバックパッカー)
があります。

BBELS生に通学する生徒がバイロンベイのライフスタイルを撮影した動画がコチラ▼
 
<BBELS英語+サーフィン4週、往復送迎、学生寮4週間のお見積もり>
□ 入学金:$200
□ 授業料:$1,720(週$430×4週)
□ 教材費:$60
学生寮手配費:$200
学生寮4週:$640($160×4週) 2人部屋
学生寮ボンド:$200(鍵の紛失、その他何も問題等がなければ退居時に返金されます)
学生寮維持費:$30
□空港送迎:$120
□ 合計:$3,170概算となりますが本日の為替レートで計算しますと約304,320円
——————————————————————————————————-
※お見積もりは学校からの情報を元にご案内しておりますが、予告なく
変更となる場合もございますので学校からのご請求書をもって、最終な
ご請求金額となります旨、予めご了承くださいませ。
また上記は2014年度のお見積もりとなります。
 
最後に1ヶ月のご留学で上記の他にかかる費用をご案内します。
渡航前に必要な諸手続き、手配】
□往復航空券:8万円~10万
□海外旅行傷害保険:16000円〜
□観光ビザ費用:$20(2000円ほど)
□合計:約108,000円
 
その他、食費、交通費など】
□食費、交通費など:$250(自炊するかなどで人によって異なります)
□帰りの送迎:$120
□合計:$370ほど(概算で約35150円)
 
4週間のご留学費用:概算で447,470円となります。
上記はお土産代、携帯代金、嗜好品などは含まれておりません。
 
またご渡航までの流れは下記のようになります。

渡航まで流れ

1.留学プランを決める
各項目をカウンセリングにて相談しながら、ご留学を組み立てていきます
↓【1.時期】2.都市】3.期間】4.学校】5.予算
2.お申し込み
ご留学内容が決定したら、お申し込みとなります
3.お支払い
お申し込みいただいた内容に沿って、弊社で学校や滞在先の手配を行い
ご請求書を発行いたしますので、期日までにお支払いいただきます
4.航空券/海外留学保険加入/ビザの申請 
お客様ご自身で行って頂きます。ビザ申請に関しては別途、ご案内いたし
ますし、航空券や海外留学保険もお勧めのサイトをご紹介致します
渡航の時期によっては、先にビザを取得していただくこともございます。
(3ヶ月以内のご滞在の場合は観光ビザ(ETASビザ)でのご入国が可能です。
5.確認書類ご送付
入金確認の書類、滞在先の詳細、空港お出迎えの詳細
6.ご入国
空港お出迎え、留学生活開始
 
来年の3月のご留学をご希望でしたら、学校の料金が値上がりする前に
お申し込みいただくことをおすすめ致します。目安としましてはご留学が
決定されましたら、年内までには上記の4までを終わらせられますことを
おすすめ致します。
それでは、本日のご案内は以上となります。ご質問も含めまして
中川様からのご返信お待ちしております。
 
どうぞ宜しくお願い致します。

=====================
ん〜とっても親切!!

疑っているわけではなく、
紹介してくれた方でなない方の学校も気になって
追加で確認。
=====================

バイロンベイには語学学校が2つあり
「学校の規模やカリキュラム、国籍割合などでおすすめできます

バイロンベイイングリッシュランゲージスクールという学校をご紹介致します。」
とお伺いしましたが、もう少し詳しく、二つの学校の違いを教えて頂くことはできますか?

 
>もう一校の学校は、先日お勧めさせて頂いたBBELSより小規模のレクシスという
語学学校となります。
12月1日より、レクシスは学生寮がオープンします。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■Lexis English(レクシスイングリッシュ)■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Lexisは「言語の中にある全ての言葉」という意味を持ち、言語として成り立つためには
ひとつひとつの言葉の積み重ねが非常に重要であるということ、また教育方針として、
業ひとつひとつを丁寧に大切にしていることから、この学校の名前となりました。
Lexisは年間を通してヨーロッパや南米からの生徒さんが多く、22カ国もの各国の生徒
さんが就学しています。日本人率の平均は5パーセントから9パーセントほどと日本人割合
も少ないですから、国際色豊かな学校を希望の方に非常にお勧めです。
また、学校のご相談だけではなく、生活面においてもしっかりとサポートしてくれるスチュ
ーデントサービスもご利用いただけます。

 勉強、アクティビティ、そして野外活動をバランスよく行っています。
 

BBELSとLEXISの違いは

・学校の規模が大きい(BBELS)小さい(Lexis)
・コースの種類が豊富(BBELS)、少ない(Lexis)
・アクティビティが豊富(BBELS)、少ない(Lexis)
・生徒数が多い(BBELS)、少ない(Lexis)
 
レクシスは最大でも生徒数は100名を超える事はほとんどありません。

=====================
と一応情報をいただけた。
その後、自分でも調べて、BBELSの方がいいと思ったのと、
最初にも教えていただいていた通り、
手数料が無料=マージンとして学校側から金額をもらっていることを
説明していただいていたので、
このエージェントを通りして申し込みことにし、問題なく学校が決まった。

続く。

surf-tripper.hatenadiary.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。