紙の本をkindleで「辞書検索」も「読み上げ機能」も使えるようにする方法。

最近、本読むとしたら、
ほとんどiPhoneのkindleアプリで読んでいます。

英語の勉強中ってことも下記の英語の本とか読んでいます。
kindleで読める英語に翻訳されている日本の小説20作品。
Kindle unlimited で無料で読める英語多読用の初心者用13作品。(随時更新)

先日、昔に買った英語の文庫本をみつけたので、
改めて読んで見ようと思いました。

文庫本を読むのなんて久しぶり。

読み始めて3ページもしないうちに感じたのは
文庫本読むのめんどくせ〜。

片手じゃページもめくれないし、
暗いところじゃ読めないし、
辞書検索もできない。

辞書検索できないってのが、
現状の英語勉強中の僕の一番の問題点。

文庫本上でわからない単語がでてくると
脳内では紙上の文字をタップしてるぐらい
kindleに依存しています。。。

ここでなんとか紙の本をkindleで読めないか考えてみて
なんとかできました!

その方法を紹介します。

まずは大まかな方法としては、

1=紙の本を断裁
2=スキャナーで読み込み
3=OCR(文字認証)でテキスト化
4=テキストをwordに張り込み。
5=改行を一括削除
6=.mobiデータに変換
7=iTunes経由でkindleに転送

 

以上の流れになります!
やってみると思いの外、簡単だと思います。

詳しく説明していきます。

1=紙の本を断裁
2=スキャナーで読み込み

これはいわゆる「自炊」ってやつですね。僕は「自炊」が簡単にできる環境が近くにあるので、問題なくできました。

ただ、断裁機にスキャナーとなると持っている人は少ないと思うので、
そんな人は「自炊の森」という秋葉原の自炊スペースもあったりするので、
そこでやるといい思います。

3=OCR(文字認証)でテキスト化

ただ「自炊」しただけのデータはタダの画像データです。
それをテキスト情報にする必要があります。
(コピペしたらテキストが貼れる状態)

 

僕は、PDFで取り出した「自炊」データを
Adobe Acrobatで全ページにOCR(文字認証)をかけました。
数分はかかりましたが、とても簡単です。

「自炊」の際のスキャナーの方でOCR(文字認証)をかけられる場合もあるので、
そちらでも問題ないと思います。

4=テキストをwordに張り込み。
5=改行を一括削除

テキスト化されたPDF内のテキストを全部コピへしてwordに張り込みます。
ただコピペするだけなので、簡単です。
しかし単純にペーストしただけだと、本と同じ位置で改行されたままで、このままだととても読みづらい状態になってしまいます。

そこで、word上で「置換」を使ってすべての改行を削除します。
僕の場合はMACなのですが、
「置換」メニューは、「編集」メニューの「検索」の中にあります。
「検索する文字列」に「^13」を入力し、
「置換後の文字列」は空白にして「すべて置換」を押すと、
文書全体の改行をすべて消すことができます。

※「^13」で改行が選択されない場合は、
「改行マーク」を「検索する文字列」にコピペしても検索されることがあります。

その後はどこまで「整理」するかは人それぞれかともいますが、
chpterごとに改行させたり、目次を作成したりして整えると
kindle上でも反映されるので、より読みやすくなります。

6=.mobiデータに変換

word上で整理されたテキストデータを
kindleに対応するようmobiデータに変換します。

こちらはオンライン上のサービスでできました。

convertio
https://convertio.co/ja/doc-mobi/

7=iTunes経由でkindleに転送

mobiに変換されたデータを、
kindleアプリが入ったiphoneをPCと接続して
iTune経由でkindleアプリに転送します。

転送できれば、iphoneのkindleアプリで無事、
読めるようになり、
「辞書検索」も「読み上げ機能」もできるようになりました。

「読み上げ機能」って何って人はこちら読んで見てください。
ちょーおすすめ機能なので、ぜひ使い倒してください。

ただ、問題はOCR(文字認証)の精度の問題でスペースが抜けてしまって
2単語がくっついてしまっている場所がありました。
許容範囲かなと思いましたが、解決策見つかったらまた報告しますね!